セブ留学の注意点

セブ留学は本当に素晴らしい留学先である事は間違いありませんが、日本と違い海外ですので、しっかりと注意しておかなければいけないポイントがいくつかあります。最も注意して欲しいポイントがお水です。

日本では蛇口をひねれば当たり前のように出てくるお水ですが、フィリピンのお水は日本人に合わない場合も多く、お腹を下してしまう可能性が考えられます。そのため、何時も必ずミネラルウォーターを持ち歩くようにしてください。ミネラルウォーターは1本20円程度ですのでそれほど大きな負担になりません。

また英語のイントネーションが若干のクセがあります。フィリピン人にとって英語は公用語ですが母国語ではありませんので、その辺りも含めて若干のクセが出てしまいます。日本人はアの発音が苦手な事もあり、どうしても日本語訛りの英語になってしまいますが、フィリピンの方の英語もやはりフィリピン訛りが多少あります。そのため、最初は若干苦労するかもしれません。

また、フィリピンには日本料理屋もありますが、現地の料理が口に合わないという方も若干いるようですので、自炊する際のお醤油や和風だしなど日本の味付けが出来る物を持参した方が良いかも知れません。

セブ島とは

日本人に大人気の留学先として知られているセブ島は、フィリピンの中央部にあるビサヤ諸島にある島の一つです。セブ島は北から南に細長い形そしている、他の日本人に大人気の留学先と比べるととても小さな島です。しかし、気候が暖かいことや、そこに住んでいる方の性格が明るい事などもあり、多くの留学生が滞在しています。

日本から約5時間という距離にあるセブ島は気軽に行けるリゾート地として知られています。実はセブ島が属しているフィリピンは日本からも多くの観光客が訪れるのですが、それほど治安の良い国ではありません。そのため、フィリピンに語学留学に行くと言うと驚かれてしまう方もいらっしゃるかも知れませんが、最近では治安も徐々に良くなってきています。セブ島はフィリピン本土と比べて圧倒的に観光客の数が多い島ですので、治安はかなり良いと考えても良いようです。

そもそもセブ島は日本人にも大人気のリゾート地ですので、外国の方が多くいますので、フィリピンの方だけでなく色々な国の方とワールドワイドの交流が期待できる留学スポットでもあります。観光客が多く訪れる巨大なショッピングモールやリゾートホテルなどもありますので、留学先でリゾート気分を味わう事ができます。