セブ島とは

日本人に大人気の留学先として知られているセブ島は、フィリピンの中央部にあるビサヤ諸島にある島の一つです。セブ島は北から南に細長い形そしている、他の日本人に大人気の留学先と比べるととても小さな島です。しかし、気候が暖かいことや、そこに住んでいる方の性格が明るい事などもあり、多くの留学生が滞在しています。

日本から約5時間という距離にあるセブ島は気軽に行けるリゾート地として知られています。実はセブ島が属しているフィリピンは日本からも多くの観光客が訪れるのですが、それほど治安の良い国ではありません。そのため、フィリピンに語学留学に行くと言うと驚かれてしまう方もいらっしゃるかも知れませんが、最近では治安も徐々に良くなってきています。セブ島はフィリピン本土と比べて圧倒的に観光客の数が多い島ですので、治安はかなり良いと考えても良いようです。

そもそもセブ島は日本人にも大人気のリゾート地ですので、外国の方が多くいますので、フィリピンの方だけでなく色々な国の方とワールドワイドの交流が期待できる留学スポットでもあります。観光客が多く訪れる巨大なショッピングモールやリゾートホテルなどもありますので、留学先でリゾート気分を味わう事ができます。